NIPTで赤ちゃんをチェックしよう

NIPT検査とは誰でも受けられる?

NIPT検査とは誰でも受けられる? 生まれてくる赤ちゃんは誰しも心身ともに健康でありたいです。
障害をもって生まれてくるケースもあります。
出生後に心身に障害が発見された場合と事前に知っている場合では大きく心構えが変わってくることも考えられます。
日本のNIPTでは現在3つの疾患が妊娠中に検査できるようになっています。
採血で結果がわかります。採血のみなので、前処置等は不要です。
副作用も起こりません。
他にも出生前診断の方法ありますが、体に負担のかかるリスクが発生することもあります。
可能期間は、妊娠10週から法律で定められている22週までとなっています。
NIPTは条件がありますので、医師との相談が必要となります。
医療機関を探す方法にはネットがあります。地域ごとにまとめているものもあります。
医療機関が決まれば、電話やネットで予約できます。
遺伝カウンセリングと言う専門職による説明やアドバイスがあります。
予約時に即検査というわけではありませんのでこの点はご安心ください。

NIPT出生前の染色体検査で異常を調べる

新型出生前診断NIPTのメリットと安心感 新型出生前検査いわゆるNIPTで染色体検査を受けたいというお母さんが増えています。
お母さんから採血PCR検査をすることによって、胎児のダウン症といった染色体異常がないかをNIPTを実施することで出生前に知ることができるのです。
従来の血液による出生前審査に比べて感度。
特異度から見るとNIPTは精度がきわめて良いと言われています。

NIPTは、近年最も注目されている検査方法となり、国内においては2013年から導入されることとなりました。
従来の方法と比べてもっともすぐれている点は、母体の採血のみという非常に負担の少ない検査であることです。
検出可能な異常の感度は96%を超えており、特異度については99.9%という高い精度で出てくることが実験でわかっています。
この検査は、赤ちゃんの身体自体の診断を行うものではなく、あくまで可能性を診断する非確定検査としての位置づけしかないということはよく理解しておく必要があるのです。