NIPTで赤ちゃんをチェックしよう

従来の非確定検査より精度が高い

従来の非確定検査より精度が高い 新型出生前診断とも言われるNIPTのメリットはこれまであった非確定検査よりも制度が高いことです。
女性は妊娠をするとしていないときにはなかった胎児や胎盤などを体内に宿して、血液中に妊娠に由来するホルモンやたんぱくが増えます。
21トリソミー(ダウン症)や18トリソミーなどの染色体異常はホルモンやたんぱくが特異的に上昇し、「母体血清マーカーテスト」だと上昇の程度をデータ化して統計学的に染色体異常の測定をします。
NIPT検査は母体の血液中を流れる「胎児のDNA」の断片を解析するので、母体血清マーカーテストより精度が高い診断が出来ます。
この検査が始まったころはDNAの断片からすべての染色体の状態を把握出来てなく、最初は21トリソミー(ダウン症)の診断から始まって、それから18トリソミー、13トリソミーといった主要な染色体異常の診断まで出来るようになってます。
今後も研究が進めばもっと多くの異常診断が出来るようになるとされてます。

NIPT診断のメリットとリスクをチェック

新型出生前診断NIPTのメリットと安心感 NIPTはメリットが多い検査と言われています。<br>まず、胎児へのダメージが無いというのが魅力です。
検査する方法は採血のみで、子宮や胎盤などを一部はがしたり針を刺すような施術は行いません。
このような施術によって少なからず流産が発生しています。
採血だけで済むのでお腹の中にいる赤ちゃんはもちろん、妊婦さんにとっても負担が少ない診断方法です。

妊娠周期10週と早くから利用できるのも魅力です。
赤ちゃんの状態をスムーズに確認することができます。
NIPTは感度99%、特異度99.9%を誇るなど検査自体の精度もとても優れています。

ただし誰でも検査ができるというものではなく35歳以上の高齢出産となる女性に基本限定されている、NIPTでの検査を行っている医療機関がもともと少ない、検査前後に専門家によるカウンセリングが推奨されているけれど、実施できる施設も限られいるなどのリスクもあります。
また費用の相場も15万円から20万円ほどと、他の検査方法と比べると少し高めとなるのもリスクと考える人もいるかもしれません。