NIPTで赤ちゃんをチェックしよう

NIPTのメリット|健康を害する心配がない

NIPTのメリット|健康を害する心配がない 赤ちゃんの確定的検査だと流産など胎児へのリスクもあり、羊水検査だと1/300、絨毛検査で1/100で流産する可能性があるとされてます。
NIPTのメリットは健康を害するリスクがなく採血だけで検査が可能で、スクリーニング検査としても優秀です。
妊娠周期10週0日目から受けることが可能で、これまでの非確定的検査だと早くても妊娠11週間以降でないと受けられませんでしたが、NIPTなら早い時期から受けられるので赤ちゃんの状態も早く知ることが出来ます。
染色体検査は検査の正確性を図る基準で、検査で陽性で出産後も陽性という確率を示す感度、検査で陰性で出産後も陰性という特異度の高さが必要です。
NIPTは感度99%、特異度99.9%を誇っていて赤ちゃんの異常染色体数もより正確に見つかります。
病院によっては全染色体対象診断や微小欠損症候群検査などのオプションもあり、羊水検査の検査費用を一定金額まで補助してくれるところもあります。

新型出生前診断NIPTのメリットと安心感

新型出生前診断NIPTのメリットと安心感 NIPTと呼ばれる新型出生前診断は、安心して受けられる検査です。
母体から採血した血液を検査すれば、赤ちゃんの染色体異常を調べられます。
従来の血液を利用した出生前診断と比べて、検査自体の精度が高いです。
NIPTには様々なメリットがありますが、胎児へのリスクがないのもメリットのひとつになります。
血液のみで検査ができるので流産のリスクがなく、妊娠周期10週目から検査が可能です。
赤ちゃんの状態を早く把握できるため、適切なケアについて考える時間ができます。
NIPT検査は特別な年齢制限がなく、夫婦同伴でなくても検査を受けられます。
染色体の検査では検査の正確性が重要です。
NIPTは感度が99%で、赤ちゃんの異常染色体数をより正確に発見できます。
クリニックによって全染色体対象診断などのオプションもあります。
遺伝子研究は臨床研究先行で発展し、現在は様々な遺伝子検査が可能になっています。
一般的に、クリニックではカウンセリングを行った後に検査を実施します。