NIPTで赤ちゃんをチェックしよう

採血のみで検査できる

採血のみで検査できる NIPTのメリットには様々なメリットがありますが、その一つに採血のみで検査できることが挙げられます。確定的な検査となると、流産や早産といった胎児への危険性が増加することになります。羊水検査を行う場合には300分の1、絨毛検査となると100分の1の確率で流産になる可能性が高いと言われています。NIPTの場合には血液を採取するだけで検査ができるため、流産や早産などの危険性も軽減でき、スクリーニング検査としては非常に優れているのがわかります。
採血のみということは、精度が低いのではないかと思う人もいるかもしれませんが、感度は99パーセント、特異度は99.9パーセントを誇る精度だと言われています。血液のみで赤ちゃんの異常染色体の数をより正確に発見するかできるということです。または妊娠周期が10周に入るとすぐに検査を受けることができます。これにより赤ちゃんがどのような状態であるのかを素早く知ることができるでしょう。

早い時期にNIPTの検査を受けるメリット

新型出生前診断NIPTのメリットと安心感 おなかの赤ちゃんが正常に育っているか不安に感じるという妊婦さんの中には、NIPTの検査を受けたいという人が多くなっています。実際のところ、早い時期にNIPTの検査を受けることにはいくつかのメリットがあると言われているため、正しい知識を得ておくなら助けになるでしょう。
早い時期にNIPTの検査をするメリットの一つは、仮に赤ちゃんに染色体異常などがあった場合に、治療方法などについて詳しい情報を集めることができるということです。また、仮に陽性という結果を受け取った時に、妊婦さんはこれまでに経験したことがないような不安や心配を感じることと思われますが、早めに検査しておくことで医師との話し合いの場をたくさん設けることができるのです。時間をかけて十分な話し合いを重ねることによって、病気についてよく理解した上でどのような選択肢があるか、自分はどんな選択をするのが最善なのかを落ち着いて決めることができるでしょう。