NIPTで赤ちゃんをチェックしよう

NIPTのメリット|胎児の障がいを当てられる

NIPTのメリット|胎児の障がいを当てられる NIPT(新型出生前診断)は、母体から採取した血液からお腹の中にいる胎児のDNAを調べる検査法です。
そのNIPTを行うことのメリットは何かというと、染色体異常などの障がいが事前に当てられることです。
血液だけで正確に調べられるのかという点については、陰性的中率については99%という高い精度ですから少なくとも陰性という診断であれば少なくとも障がいを持って生まれる心配はありません。
では。
陽性になったときはどうかというと、染色体に何らかの異常が見つかったとしても、それがどのような形で現れるのかはわかりません。
知的障害とされるのは心理発達テストにおいてIQが70以下のときです。
IQ70~85と呼ばれる境界領域知能であれば、適切な手助けさえあれば自身の力で生きていくことも可能です。
陰性だったら普通の子育ての準備をすればいいですし、たとえ陽性でも親としてどのようなことをすれば良いのかをよく考えて準備ができます。

赤ちゃんの疾患を事前に調べることができるNIPTのメリット

赤ちゃんの疾患を事前に調べることができるNIPTのメリット 新型出生前診断(NIPT)には、母体への影響が少ない、検査精度が非常に高い、など数多くのメリットがあります。
中でも最たるものが、出生前に赤ちゃんが疾患を持っているかどうかが事前にわかるというものです。
これまでにも似たような診断が行える検査方法はいくつかありました。
しかしそれらは精度的に優れているというわけではなく、医師や両親にとって重要な判断材料にはなりえないのが実情でした。
ところがNIPTは99%という高い精度で赤ちゃんが持つ病気を判断することができ、産むべきかどうか考える際に役立てることができます。
もし出産後に重い病気があるとわかった場合の負担感を考えると、そうしたリスクを減らすことができる最善の方法と言えるかもしれません。
NIPTによって見つけることができる病気の種類は、ダウン症候群、エドワーズ症候群、パトー症候群の3つです。
これら3つを合わせると胎児の染色体疾患の70%に達するなど、健康な赤ちゃんを産みたいと思う親にとって大きなメリットがあることがわかります。